伏線はあった

 らびちゃんとゆるくアンサンブルをやってきて8年なのですが、最初にアンサンブルをすることになったのは、8年前の発表会の時でした。

 うちの教室で「伝説の第一回目」と私が勝手に呼んでいる、超~~~人数が少ない発表会を、とあるスタジオで行った時のことです。

 人数が少ないのに、いや、少ないからこそ結構、今はできないぞというような無茶をしました。そして、人数が少ないので、何かをやって埋めよう(汗)として。

 最初に合わせたのは「フォスター名曲集」という、フォスターの有名な曲のメドレーでした。草競馬とか、故郷の人々とか。


 専門クラシックで、メドレーなんて高校時代の吹奏楽部(はい、私、吹部出身のピアノ弾きです)以来なので、正直「ようわからん」状態でした。
合わせる、ということについては、大学時代声楽の友人の伴奏をしたことがあり、そちらはなんとかなったのですが、メドレーをどう処理するか、ということが一番の悩みのたねでした。


 出演人数の少ないところでの、苦肉の策としての「アンサンブル」。
8年前の試みがその後毎年続き、ユニットとして成立することになるとは、この頃全く予想すらしていませんでした。

奇跡的にデータとして残っていた、8年前の演奏の写真です。

0コメント

  • 1000 / 1000

ピアノとマンドリンのアンサンブル、らび♪ぱん

うさぎの好きなマンドリン弾き「らび」と、パンダの好きなピアノ弾き「ぱん」の2人で結成した,ゆる女子アンサンブルユニットです。 ピアノとマンドリンのアンサンブルという風変わりなユニットの練習やコンサートの案内などを書いています。